週末に家族で海釣りデビューしてきます。

キッカケは唐突でした

以前から家族で釣りをしてみたいと考えていました。
しかしキッカケが無くなかなか一歩踏み出せずにおりました。

 

私が小学生の頃に父に連れられ防波堤での釣りに数回行ったことがあります。
一度は船にも乗ったような気がします。釣り堀にも行ったような記憶が薄っすらと残っています。

 

なので、釣り経験がゼロという訳ではないのですが、手元に道具も無く知識も乏しく、遠い記憶を頼りにしていると余計に一歩進み出せません。

 

しかし、先日 娘が唐突に釣りに行きたいと言い出したのです。

 

テレビの釣り番組を見ていたわけでもなく家族で魚の話をしていたわけでもなく、急に思い出したかのように「釣り行きたーい。」と言うのです。

 

妹の言葉につられて姉も妻も話に乗ってきて、これは私自身にとっても良い機会だと捉え「まずは道具を揃えよう!」と一家の釣り気運が一気に高まりました。

 

気持ちが冷めないうちに、いざ釣具店へ

インターネットで探しても良いのですが敢えて釣り具店へ赴き、娘たちの本気度を探りながら店員さんのアドバイスを頂こうと考えました。

 

入店して最初に目に飛び込んできた釣り竿とリールのセットに娘たちは釘付け。

 

「いろいろ見てから決めようよ。」との私の言葉をよそに、店内にて自分たちで竿を伸ばし始めて「これがいい!」と即決。早ッ!

 

リールを回しながら、もう魚を釣った気分で「どんな魚が釣れるやろ?」「美味しいかなぁ?」「お寿司にできるよね!」と皮算用

 

そして、あれよあれよと入店後20分足らずで殆ど娘たちが決めてしまい、決断の早さが経験者かと思えるほどでした。

デビュー戦に備えた道具

        道具一覧

 残念ながら釣り竿にはメーカーや型番の記載がないので解りませんでしたが、それ以外の私が購入したものと同じものを紹介いたします。

 

 

釣り竿

釣具店で購入した釣り竿にはお買い得と書かれた値札のみでメーカーや型番は記載されていなかったため探しようがないのですが、形のみで判断するとこちらであると思われます。

 

「短すぎても長すぎても良くないので長さはこれくらい(2.4メートル)がいいですよ。」との店員さんの勧めで竿の長さは決まりました。

 

姉はグレーを、妹はブルーを選んでご満悦。

 

道具一覧へ

リール

リールには本体にメーカーと型番がありました。竿とセットでこちらと同じものを購入。

 

娘たちは店頭でこれをブン回して大物を得た気になっていたのです(笑)。

 

 

道具一覧へ

釣り針とカゴ

「防波堤から放り込んでアジやイワシを釣った」という記憶を頼りに店内で購入したのがこちらです。

 

針とカゴを使う方法をググってみると「サビキ」という手法のようです。

 

「針は大きさを示す番号が同じであってもメーカーによって僅かに大きさが異なりますが、アジやイワシを狙うならこれくらいの大きさでいいですよ。」と、店員さん。

 

 

道具一覧へ

魚バサミ

針を魚から外す際に、掴んだ手に鱗やぬめりが付かないようにこれで挟むようです。
毒のある魚を外す際にはあった方がよいということでこちらも購入しました。

 

そういえば、父が使い古したタオルを介して掴んでいた映像を思い出しつつ、デビュー戦ではこの魚バサミを使ってみることにしました。

 

 

道具一覧へ

水汲みバケツ

地面に魚を落としてしまって砂が付いたときや手を洗う際に予め海水を汲んでおくと助かります。

 

百均でバケツと紐を構えればいいかとも考えましたが、餅は餅屋、紐が既に付属されているので防波堤の上から水を汲み取ることができるます。

 

父は、農業に使っていた少し太めのロープをちょっと歪んでしまったバケツに結わえ付けて使っていましたね。

 

 

道具一覧へ

クーラーボックス

どれほど釣り上げられるか不明なため少し大きい気もしますが、生臭さが残らないかを心配しながらキャンプにも使えると考え購入しました。

 

 

道具一覧へ

釣り場所について

最小限の道具は揃いました。残すところは釣り場所の情報です。

 

家族が一緒なので、釣れればどこでも良いという訳ではありません。

安全に釣りができて近くにトイレのある所を店員さんからお聞きし、準備は完了。

 

当日はエサを買うのを忘れないように気を付けないといけませんね(笑)。

週末が待ち遠しいです。

 

以上

  

unlimitedlife.hatenablog.com